ロゴ

千葉県のペット葬儀・ペット霊園・ペット火葬はペット天国パラダイス

お知らせ

お知らせ

HOME >  インフォメーション  > お知らせ

お知らせ

八千代よみうりに取材を受けました。

八千代よみうりにペット霊園の記事が記載されましたので一部紹介いたします。
一緒に暮らしていたペット・・・その尽きない思い出を鮮やかに彩り冥福を祈ってあげたい―そんなペットの霊園「ペット天国パラダイス」が八千代市吉橋に誕生して間もなく3年を迎え、愛犬、愛猫家たちなどから「自然に囲まれた聖域で家族同然だったペットが大切に守られ、供養に訪れるたびに楽しい思い出が甦ってくる。ここに納骨してよかった」と好印象を持たれている。

この霊園は八千代市で創業20周年を迎えたウエノ石材工業(上野勝巳代表)が運営・管理しており、墓地・墓石工事の業績と信頼に応えてオープンしたもので構想17年のアイデアとプランが盛り込まれ「花と緑に囲まれた素晴らしい環境、お参りに便利な立地」と愛されたペットにふさわしい聖地として誕生。

霊園の入り口正面には左手に金泥の猫、台座の蓮華台には遠い天国を望むように立つ犬を従えた観音菩薩像がすくっと立ち、楽園納骨堂(観音堂)、礼拝堂、火葬場、個別納骨堂、かわいい動物の石像が並ぶ園内を見守るように鎮座する。
先日には「萬物霊長供養塔」も完成し関係者多数が列席して完成除幕式・開眼供養を盛大に執り行った。

船橋市登録業者及び八千代市商工会会員でもあるこの霊園は極小(小鳥、ハムスター)から小型(子猫、チワワ)~特大(土佐犬、セントバーナード)と様々なペットに対応。火葬から葬儀までサポートしてくれるほか、自宅に遺骨を持っている方の納骨も可能。現在見学会も開催中。
上野代表は「遺骨を自宅に守っていた方から、こんな環境だったらもっと早くお世話になりたかったという声の多さに驚きました。明るい納骨室に安置した方からは悲しみが癒されると言われますし、観音菩薩像に守られた観音堂に祭った方は家族同然の供養ができたと安心されているのが管理者としてもうれしい」。

さらに続けて「年1回の合同慰霊祭(予定)などを催し霊園・納骨堂という隔離された施設ではない開放的で明るくペットへの思いをいつまでも持ち続けられる癒しの場にしたい」と話し将来はドックランや動物病院、ペットの美容室なども併設したいと自身も愛犬家だけにペットに寄せる思いが夢を膨らませる。

 八千代よみうり創刊版より (平成18年 掲載)

PAGE TOP